新機能 有料(前払い)イベントにおいて、参加費の領収データ発行が可能になりました。詳しくは こちら をご覧ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月

22

アジャイル開発とスクラム MeetUp 2017/02

アジャイルの原則

Hashtag :#nagoya_scrum
Registration info

一般

Free

FCFS
3/10

積極的に発表したい

Free

FCFS
1/2

Description

「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。

スクラムは幅広く使われてきていますが、そもそもスクラムがつくられる前の開発手法では何が課題なのか?、スラクムチームを支える考え方は何か?など導入や進めているときに疑問におもったり、課題になったりすることもあります。

そんな人のために「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍が出版されています。

http://amzn.to/2jWHQkg

このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです!

テーマ

書籍の第1部を中心に「理想への障害」をテーマにします。 スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。

タイムテーブル

  • 1830 - 1900 : 開場
  • 1900 - 1910 : オープニング
  • 1910 - 1920 : 書籍全体、第1部の紹介
  • 1920 - 1940 : 「スクラムでいうような『レビュー』で大事にしてること」 by @neno_n0
  • 1940 - 2020 : 「第1部の読みどころ」 by @kyon_mm
  • 2030 - 2100 : ディスカッション

目次参考

  • 第1部 アジャイル開発とは何か、スクラムとは何か
    • 執筆 平鍋健児
    • 第一章 アジャイル開発とは何か?
    • 第二章 なぜ、アジャイル開発なのか
    • 第三章 スクラムとは何か?
    • 第四章 アジャイル開発の活動(プラクティス)

会場への入り方

名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「アジャイル開発とスクラム MeetUp」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。

Google Map

Presenter

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

kyon_mm

kyon_mm published アジャイル開発とスクラム MeetUp 2017/02.

02/12/2017 23:40

アジャイル開発とスクラム MeetUp 2017/02 を公開しました!

Group

なごやかScrum

なごやか◆

Number of events 10

Members 49

Ended

2017/02/22(Wed)

19:00
21:00

Registration Period
2017/02/12(Sun) 23:40 〜
2017/02/22(Wed) 21:00

Location

株式会社オンザロード 会議室 4F

名古屋市中区錦1-19-24 (名古屋第一ビル 4F)

Organizer

Attendees(4)

tazzy

tazzy

アジャイル開発とスクラム MeetUp 2017/02に参加を申し込みました!

kenjis

kenjis

アジャイル開発とスクラム MeetUp 2017/02 に参加を申し込みました!

sunotora

sunotora

アジャイル開発とスクラム MeetUp 2017/02に参加を申し込みました!

ねの

ねの

アジャイル開発とスクラム MeetUp 2017/02 に参加を申し込みました!

Attendees (4)

Canceled (1)